胸 原因

MENU

胸が小さい3つの原因って?

胸が小さい

 

胸が小さい原因は

 

@血行不良
A痩せすぎ
B姿勢が悪い

 

が主な原因です。

 

バストが小さくて悩んでいる女性って自分が思っているよりも多いもの。
でも原因さえわかれば対策を取ることができます。

 

血行不良

 

日本人女性の多くがダイエットに励んでいます。
でもそのダイエットのほとんどが食事制限だったりしていて、栄養不足で血行不良になってしまう人が多いです。

 

例えば、炭水化物やお肉をカロリーが気になって食べなかったりすると、エネルギーやたんぱく質が足りなくなって体重が増えなくなります。

 

たんぱく質はバストにとってなくてはならない栄養素なので、足りなくなると、その分バストも栄養不足になってしぼんでしまうことになります。

 

ダイエットしたいからとベジタリアンになってもバストにとっては良くないのです。

 

偏った食事は栄養不足の他に血行不良の原因にもなり、栄養が身体全体にまわらなくなります。

 

血行不良になることで女性ホルモンの量も少なくなり、バストが大きくなりにくくなります。

 

もしバストアップしたい場合は炭水化物やお肉も適度にとってたんぱく質などの栄養素をしっかりと摂って、血行不良を改善しましょう。

 

湯舟で身体を温めたり、適度な運動やマッサージも効果的です。

 

痩せすぎ

 

先ほどダイエットについて書きましたが、日本人女性は体型を気にしすぎて痩せすぎている女性が非常に多いです。

 

痩せすぎてしまうとそれだけバストも育たないし、健康にも良くないので、BMIや体脂肪率が基準値であれば、基準値よりも低い数値にならないようにすることが大事です。

 

基準値内であれば痩せているということなのでそれ以上痩せる必要はないと思います。

 

姿勢が悪い

 

猫背になったり、姿勢が悪いと血行が悪くなってしまいます。

 

それによりバストに栄養が届かなくなってしまいます。
また代謝も悪くなり太りやすい体質になってしまいます。

 

できるだけ姿勢に意識して、生活するようにしましょう。

 

もしこの3つで心当たりがあれば改善していきましょう。